メディカルアロマは色々いいところがあります。まずはその利点を書きます。それは自然治癒力が上がるというについてです。自然治癒力とは治癒力によって病気などのものが治るということです。つまり自然治癒力が上がれば今まで健康だった方もそれ以上に健康になり今まで少し辛かったこともできるようになります。他に元々あまり健康ではなかった人の場合健康になり風邪などもひきにくくなります。といったように今以上に健康になります。メディカルアロマではいろいろな方法があって自分に合った方法を選ぶことができるようになります。それにメディカルアロマはとても気持ちが良いものだということも体感してみてわかりました。なので、時間の空いている間に近くにあるものを体験することをするのもよいと考えます。そこで健康を手に入れることもできますから一石二鳥です。

メディカルアロマって何だろう

メディカルアロマとは、エッセンシャルオイルを使うタイプのアロマテラピーです。個人が健康増進のために行うのはもちろんのこと、医療目的として取り入れる動きも進んでいます。その根底にあるのは、人間の自然治癒力を高めることによって、色々な恩恵を受けようとする考え方です。フランスでこの考えが生み出され、ヨーロッパを中心に研究が進められてきた経緯があります。メディカルアロマで得られる効果には、不安などの精神症状の緩和や、緊張緩和が挙げられます。これらは精神面に作用して得られるものですが、実は、アトピー性皮膚炎や鼻炎の改善といった肉体面への効果も期待できます。そんなメディカルアロマのやり方は、大きく2つに分かれます。1つはアロマポットにオイルを垂らして使う方法で、もう1つはオイルを直接塗りこむ方法です。前者は寝る前に準備して、後者は適宜患部に塗って行いましょう。

メディカルアロマとアロマの違い

アロマーと聞くと、香りを楽しんだり、美容やマッサージで使用するもので、日本でも女性を中心に浸透してきてアロマを楽しんでいる人が多くなりました。アロマディフューザーを購入して家で楽しんだり、お掃除や洗濯に使ったり、生活の中にとりいれている人もいます。それとは別に、メディカルアロマとはアロマの効果を治療や治癒として、薬のように使用するジャンルのことをメディカルアロマといいます。日本ではまだまだですが、欧米、特にフランスなどでは医療として認められており、保険が使えたりします。日本ではまだ趣味のアロマとして使っている人が多いですが、最近ようやく、医療の現場や介護の現場でアロマの効果を利用し、その効果が少しづつではありますが、認められてきています。まだ保険が使えるレベルにはきていませんが、現場での使用実績が増えることによって、メディカルアロマが認められていくでしょう。

「新宿三丁目駅」C8出口より徒歩8分 当校で使用しているのはフランス「プラナロム社」の精油、信頼できる高い品質で世界中のアロマセラピストに支持されています。 アロマの二大資格、合格率が98%を達成している秘密は4つの効果的なレッスン! アロマテラピー用語集をサイトに掲載しております、わからない用語をチェックできます! 【パルファム】メディカルアロマの資格取得講座開講中!