メディカルアロマとは

アロマテラピーというと、癒し効果やリラックス効果がありエステサロンなど美容に関する場で使われているというイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。しかし近年では、メディカルアロマというものが注目を集めており、医療や介護関係の人から支持を集めています。海外では昔から取り入れられており、珍しいことではないという国も多いです。しかし、一般的なアロマとは異なり医療のことについての知識も必要となってきます。簡単ではありませんが、今後ますます注目を集め必要とされてくる分野ということは確かではないでしょうか。健康になる手助けをする仕事というのは数多く存在していますが、アロマが役立つというと半信半疑という人がかなり多いです。しかし、将来的にはメディカルアロマで病状が回復したという人はもっと増えるはずです。

メディカルアロマのメリット

現在何か資格を取得しようと考えている人も多いのではないでしょうか。取得するのであれば、就職や転職のことも考え、将来的にも役立つものを取得するべきです。そんな中、近年人気を集めているのがメディカルアロマの資格です。メディカルアロマとは、近年医療関係の中で注目を集めている職業で医療では改善が難しい病や持病が治ったり、快復して行く可能性が見込めます。便秘や不眠、筋肉痛やうつ病などの精神的な問題にも効果があるとされています。一般的な治療とは異なり、薬屋機器を使うわけではないのでリスクがないというのが良いところではないでしょうか。試してみて損はないと感じる人も多く、今後ますますその需要は高まっていくことが見込めます。何か資格を取得するのであれば、メディカルアロマの資格を取るのは得策といえるのではないでしょうか。

メディカルアロマとは

アロマには2種類あります。イギリス式のアロマと、フランス式のアロマです。イギリス式のアロマは、芳香浴が主流です。芳香浴とは、アロマディフューザーや、アロマランプ等に、エッセンシャルオイルを垂らして、香りを楽しむことです。原液を体に塗布することは出来ません。フランス式のアロマは、メディカル(医療用)アロマとして、原液塗布したり、飲用したりすることが出来ます。実際に、諸外国では、医療用として、保険適用で処方されるものもあります。日本では、薬事法があるので、薬ではないエッセンシャルオイルを医薬品としては扱えません。しかし、医療現場で、空気中の殺菌消毒に、アロマを使用しているところが増えてきています。メディカルアロマは飲用することで、体内から体質改善や、解毒等を行うことが出来ます。農薬やアルコール等を含まず抽出される為、安心、安全な植物由来の天然成分で作られています。薬と一緒に併用することで、症状緩和に利用することが可能です。